ホームお悩み別解決策離婚問題に直面した男性へ

離婚問題に直面した男性へ

仕事を頑張る男性ならではのカウンセリング実績累計10,000件

離婚相談救急隊札幌サロンでも最近では夫である男性からの相談も急増しています。

そのご事情は、

  • 妻に突然「離婚したい」と言われた
  • 妻が突然子どもと家を出ていってしまった

等がとても多いのです。

自身の私生活での悩みや迷いなどは当然、職場に持ち込むことは出来ないでしょうから、心を痛め、仕事も手につかず、一人で悩んでいらっしゃる方が多いと聞きます。

男性だからこそ、緻密に原因を探り、そして仕事や私生活への影響を最小限に食い止める必要があります。

そのためにも「いち早く専門家のアドバイス」を求め、リスクを最小限に抑えることが重要です。

25年間10,000人以上の男性からの相談を指導してきた岡野あつこの離婚相談救急隊が、あなたの悩みを解決します。

男性の離婚事情について

▲実際にカウンセリングを受ける男性相談者

離婚の主な原因は、夫の仕事が忙しく家庭が癒やしの場になっていないことから妻が寂しさを感じるようになり、そのことをきっかけに不満が蓄積され…といったパターンが非常に多いです。

 

男性はプライドが高いので家庭の悩みや迷いをあまり人に話すことなく一人で抱え込み、現実問題から目を背けている方がほとんどです。確かに家庭の問題を毎日会う仕事場の人に相談なんてできないのもわかります。

 

しかしその結果として対処や解決が後手に回ってしまい、最終的には妻の気持ちを推し量れず、空回りしたり妻から拒否されて自信をなくしたり、ショックを受けたりしてしまう方が多いのです。

 

ほとんどの男性(夫)は、一家の大黒柱として家族のために一生懸命仕事をし、日々の経済的生活を支えていることでしょう。

しかし、家族のために仕事に励めば励むほど、妻に対しての優しさに欠けてしまい、ついついこんなに頑張ってるんだからわかってくれるはずと妻に甘えた考えを押し付けてしまいがちです。

 

どんなに仕事と私生活を分けてるつもりでも男性は言葉が足りないし、弁解や言い訳ができない分家庭内で孤立して、夫婦トラブルとなります。

そしてそのことが悪影響につながってしまいます。

何故妻は離婚を決意してしまったのか

実際に私達は女性からの離婚相談も数多くいただいております。

その女性からの離婚相談内容は、最初は夫との「性格や価値観の不一致」を理由に出される方が多いのですが、実際に深くお話を聞いていくと、もっともっと深い部分に原因があることが多いのです。

しかし、女性が男性(夫)につきつける理由には、夫を傷つけまいとこの曖昧な理由にすることもあり、実際の理由を言わないケースも多数あります。

だからこそ、男性の多くは「納得できなくて」「理由がわからない」という方も多いのです。

その他の離婚相談内容ランキング

もちろん女性(妻)から切り出されたわけでなく、男性側から離婚を持ちかけることもあるでしょう。

下記がこれまでに男性からいただいたご相談内容のトップ5です。

1位 嫁からいきなりの離婚宣告。でも私は離婚なんて考えられない 岡野あつこのアドバイスはこちら
2位 他に結婚したい女性ができたので、円滑に離婚したい 岡野あつこのアドバイスはこちら
3位 妻の性格、価値観、DVに耐えられないので離婚したい 岡野あつこのアドバイスはこちら
4位 妻と別れても良いが、子供は引き取りたい(親権が欲しい) 岡野あつこのアドバイスはこちら
5位 弁護士や調停員が親身になって解決してくれない 岡野あつこのアドバイスはこちら

今、離婚問題に直面している男性へ

妻を専業主婦として家を任せていた、夫婦共働きや、時には妻の方が収入が上だったりと様々なケースがありますが、どの男性にも共通してアドバイスできることが次のことです。

  • 離婚と結論を出すには冷静に考えてから
  • 修復したいなら、妻の不満を受け止め、心を読み解いてから
  • 離婚を決めたのなら、その決断に迷わない
  • 子供がいる場合、離婚条件として、子供の幸せを第一に
  • 冷静に振る舞い、メンタルサポートと法律サポートが必要な場面を分ける

「夫婦の離婚・修復」の判断は、お互いのその後の人生に大きく影響を及ぼすだけでなく、子供や両家の親、職場といった周囲の人々にも大きく及びます。

 

決断を下すのには、いくら慎重になっても足りないくらいの一大事なのです。

 

だからこそ、最終的には揉める離婚だけは避けたいもの。

子供のことや、世間体、経済的な問題以外で、「これ以上一緒に生活していても幸せにはなれない」という結論が出たのなら、思い切って別々の再スタートをする勇気も必要です。

そして、もしも妻とどうしてもやり直したいという強い思いがある人こそ、ここを訪ねて下さい。

私たち離婚救急隊のカウンセラーは数々の経験からそのやり直し方法のいくつもの糸口を持っています。

 

これからの時代に夫に求められるとは、家族への思いやり、夫として凛々しく振る舞う態度です。

今後、より正しい選択をして頂くために、男性(夫)がすべきことを、様々なケースに対応したアドバイスをさせて頂きます。

男性相談者様からの声

▼画像をクリックしていただきますと大きく拡大されます。

実際のご相談事例はこちら

カテゴリから事例を探す

最新記事から事例を探す

No posts.